夏目優のプロフィール / エンジニアライター

なつめ
はじめまして!

どうも!エンジニア兼ライターの 夏目 優 です。

この度は未経験からエンジニアBlogをお読みいただき、誠にありがとうございます!

 

私の詳しいプロフィールや経歴、本Blogで情報発信を始めた理由などお話ししていきます。

 

これから長いお付き合いになるかもしれないので(そうなったら嬉しい…笑)、ガッツリ自己紹介させていただきます!

 

夏目優のプロフィール

取得資格

Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7/8

IT企業のエンジニアとして働いており、
副業としてライターをしています。

 

教員(中高教諭一種免許状)の資格を取得しており、「教育」という観点を踏まえて未経験者・初心者さんへエンジニアとして必要な情報を発信していきます!

 

本Blogは、私の四苦八苦してきた経験や学んできた知識を活かして、少しでも誰かの役に立つことができればという想いで立ち上げています。

 

  • IT業界に関わる、コンピュータやネットワーク、プログラミングの勉強をしている方
  • 未経験からエンジニアを目指しているが、何をしたらいいかわからない方
  • 未経験からエンジニアになりたくて、勉強をしている方
  • 知識も経験も資格もないけど、こんな初心者でもエンジニアを目指せるのか悩んでいる方
  • とにかく今の仕事がキツすぎて、もっと自由度の高い仕事に転職したいと考えている方

 

こんなあなたの力になれたら、とても嬉しく思います。

 

これまでの経歴

出身は広島県の海がきれいな田舎。

大学卒業後は薬局事務に数年勤務するが、人間関係がこじれ泣きながら退職。

その頃コピーライティングに出会い、ライターとして活動を開始する。Webに関わる仕事がしたいと思い、上京しWebエディターへ転職。転職先は、パワハラサイコパス社長が率いる離職率100%のブラック企業だった…

またも泣きながら退職し、職業訓練校へ入り専門知識を勉強してエンジニアに転職。

 

 

未経験からエンジニアBlogを立ち上げるまでの経緯

なつめ
以下、少しばかりの昔話にお付き合いくださいませ

 

私の好きなことは、

  • 家族や友人、恋人と一緒に遊ぶこと(好きな人と過ごす時間を大切にしたい)
  • 小野大輔さんを応援すること(声優さんです、同じ趣味の方仲良くしてください笑)
  • 猫とたわむれること(実家には猫が3匹います!可愛くて仕方がない…)

 

何よりも好きな時間は、
好きなことができる休日です。

 

ただ心穏やかに、好きなことをして、
好きな人と過ごして、
日々を幸せに過ごしたい…

 

ずっと持ち続けていた、私のです。

 

ですが、現実はどうでしょう?

好きなことをするのもままならない…
好きな人と過ごす時間よりも、嫌な人と過ごす時間の方が圧倒的に多い…

 

心穏やかに過ごしたいと願っても、社会はそれを許してはくれません。

まさにストレス社会ですね…笑

 

別に、大きな夢を望んでいるわけではありません。

 

天気が良ければ好きな人とゆっくり散歩をしたり、春には桜を見に行ったり、時間を気にせず、美味しいものを食べて、どこかへ遊びに行って、のんびりとした日々を過ごしたい…

 

余計なストレスに苦しめられることなく、ただただ心穏やかに過ごしたい…

 

たったこれだけの願いが、
どうしてこんなに難しいのか?

 

私は、ずっと悩んでいました。

 

社会人になり初めて就職した仕事は、薬局の事務でした。

 

入社当時は、仕事を覚えようと必死に努力しました。

「周りの期待に応えなければ」というプレッシャーに耐えながら、自分の能力以上のことをしようと頑張りすぎていました。

 

結果はついてきましたが、精神的にはとても辛かったです。

 

仕事終わりの帰り道、何度泣いたか数えられません。

 

しかも、どれだけ頑張っても、どれだけ仕事ができるようになっても、月末の給与明細は寂しい数字…

 

正直、給料日を嬉しく感じたことはありません。

 

こんなにしんどい思いで努力して頑張っているのに、ため息が出るような薄給にどうして嬉しさが持てるのでしょう?

 

将来的にも仕事を続けることが不安でしたし、早い段階で就職先、間違えたかも…と悩んでいました。

 

ストレスでしかない仕事のことは大嫌いで、欝々とした毎日を過ごしていました。

 

しかし当時の自分は、やりたいことも夢も目標もなかったのです。

薬局の仕事がどんなに嫌いで辞めたくても、次のことを考えると辞める決心はできず…

 

今の仕事はやりたくないけど、これといってやりたいこともない…

 

私が何の行動にも移せなかった理由は間違いなくこれですが、きっと同じ気持ちを持っている方は私だけではないと思います。

 

3年ほど薬局には勤めましたが、自分の時間をただ奪っていく仕事がどうしても好きになれませんでした。

 

なぜ、好きでもない仕事に、1日の大半の時間を奪われないといけないのか?
これからも辛い思いをして、職場の人にも気を使い、毎日を死んだように過ごさなければならないの?

 

生きるために、仕事はしないといけません。

でもこの仕事が嫌で辛くて、どこか遠くへ逃げ出したくなる思いでした。

 

あなたは今、自分の仕事に満足していますか?

 

自分の仕事が好きで、生き生きと働いているなら何も問題はありません。

でも、そういう人は少数なのではないでしょうか?

 

入社して2年目の頃から、職場での人間関係が不穏になり始めました。

 

薬局は仕事柄、女性が多いです。
女性の職場というのは、やっぱり色々とありますよね。

 

表面上は仲良くしていても、心の中では何を考えているか分からない感じ。

仕事を押し付けられたり、シフトで休日を減らされたり…

 

さすがに怒りましたし、
不信感しかなかったですね。

 

また私の職場は人の入れ替わりが全くなくて、ずーっと同じ人が同じ職場に何年も居続けるんです。(お局様のようなものですね)

 

凝り固まった閉塞的な空気感雰囲気も最悪で、新人が入ってきてもとても疎外的なんです。

新人教育を任されていた私としては、そこも嫌なポイントでした。

 

人間関係に決定的な溝ができたきっかけは、会社研修です。

ただでさえ嫌いだった仕事がますます嫌いになり、職場の人とも大きなができ、本当に仕事に行くのが辛かったです。

 

研修内容は、私の仕事に関して職場の人が評価してフィードバックする、というものでした。

 

アドバイスなんて生易しいものではなく、きつい言い方であらゆる面から私のダメな点を指摘されました。

彼らは確かに、間違ったことは言ってないのかもしれません。

 

しかし、人間性を疑う敵意さえ感じる傷つける言い方に私はただただショックで泣くことしかできませんでした。

 

今、思い出しても辛くて涙が出てきます。

 

しかもその研修は匿名性だったので、職場内の誰があんな言い方をしていたのかさえ分からない…(もはや匿名利用のいじめですよね)

正直、みんなに思えてきて誰のことも信じられなかったです。

 

私は、基本的に穏やかな性格です。

人とケンカはしたことないし、人を悪く言うことも、怒ることもあまりありません。

 

ですが、今回の件に対してだけは、別でした。

 

入社してからずうっと溜め込んでいた気持ちが爆発して、悲しみと、怒りと、憎しみと、嫌悪とで、酷い精神状態でした。

人のことをあんなに嫌いになるのは、珍しいことです。

 

普段なら人の長所をプラスで捉えられるんですが、当時はそんな余裕もありません。

 

良いところがあるのは分かっているし、こんなこと思いたくもないけど憎くて仕方ない…
という真逆の感情を抱えて、とても苦しい思いをしました。

 

対人関係は穏やかだった私にとって、今まで経験したことのない暗い感情に支配されるのは、辛かったです。

人当たりのよかった私の長所が消えていく感じも、悲しく思いました。

 

理由もなく勝手に涙が出てきて、ただただ仕事に行くのが、職場が、嫌で嫌でたまりませんでした。

正直、身も心も本当にボロボロでした。

 

そんな頃に出会ったのが、コピーライティングです。

 

コピーライティングを使ったビジネス、Webマーケティングを始めとした、ネット環境やPCがあればできる仕事。

働く時間も、場所も、関わる人さえ、自由。

 

ストレスのたまる職場に、憂うつな気持ちで通勤しなくてもいい…
嫌いな人たちと、毎日一緒に仕事をしなくてもいい…

 

何よりも、好きな人と好きなことをして過ごせる時間が増える。

 

元々転職に悩んでいた私にとって、この出会いは衝撃的でした。

人生を変える出会いだったと言っても、過言ではありません。

 

上手にネットを活用して仕事をしている人たちは、時間にも金銭的にも、かなり余裕のある生活をしていることを知りました。

 

もしかしたら、私の夢が叶うかもしれない…
夢を実現させるためには、これしかない!と確信しました。

 

その後は、空き時間を見つけて必死にコピーライティングの勉強をしたり、収入を得るノウハウを学んだりブログを書いたりしました。

人生で初めて、
自分のやりたいことが見つかった瞬間でした。

 

上京したのは、このタイミングです。

コピーライティングの勉強をするうちに、Webに関わる仕事をやってみたいと考えるようになりました。

 

家族から猛反対される中、半ば強引に上京し転職活動をしました。

 

前職が薬局事務で完全異業種の未経験だったので、転職活動には少し苦労しました。

Webマーケティング、Webディレクター、編集、コーダーなど手当たり次第に受け、内定が決まったのがWebエディターです。

 

年間2000万PVを誇るWebメディアの運営や編集、ライターリクルートを任せてもらえ、やりたい仕事内容だったので嬉しかったです。

 

…ですが、私に待っていたのは、手に負えないほどのパワハラサイコパス社長

 

社員数10人の小さな会社だったのですが、私が退職する8ヶ月ほどの間で、退職者は15人ほど。(計算おかしいですよね)

毎月誰かが辞めていき人が入れ替わる環境で、全社員数も10人から7人ほどに減りました。(人事担当は常に退職手続きをしていました笑)

 

みんな最初は意気揚々と元気に入社してくるのですが、大体1ヶ月〜3ヶ月ほどで生気がなくなり辞めていき…

最短は、激務すぎて倒れて辞めた入社1週間の方です。

 

  • 社長から課せられる無理難題をこなさないといけない圧力。
  • 休日関係なく社長から送られてくる、仕事のチャット連絡。
  • 気分で変わる社長の言い分に振り回される、気苦労とストレス。
  • 相手の話を聞かず、相手の気持ちも考えない高圧的な社長の態度。

 

「どうしてこんなこともできないのでしょうか?」
「KPIを達成していないので、今すぐやってください(休日関係なく)」
「あなたには責任感というものがない(つわりで休んでいる社員に対して)」

などなど…

社内には、会社設立前から社長と一緒に仕事をしてきた右腕(女性)がいたのですが、妊娠で体調が悪く休みがちになることがありました。

今まで一緒にがんばってきた社員のお祝い事に対して、社長がかけた言葉はなんと罵倒

 

「正直妊娠なんて嬉しくもない」(ドン引きですよね…)

 

挙げ句の果てには、つわりで動くこともままならない社員に対してPCを会社まで取りに来させ、在宅ワークを強要していました。
その後PCの返却費用(返却は郵送)を頑なに払おうとしない社長には、全社員呆れていましたね。

元々子どもがほしかった喜ばしいはずの社員に、「私妊娠しちゃいけなかったのかな…」とまで言わせた社長の罪深さです。

 

仕事内容自体は好きだったので残念でしたが、こんな社長の元でこれ以上働けないと思い、私も退職しました。

 

そして入ったのが、職業訓練校。

Webメディア運営をする中で、サイトの内部構造に興味を持った私は、エンジニアとして専門知識が身に付く訓練校へ入校しました。

 

エンジニア職の需要は高く専門性の高いスキルがあればより理想に近づけると思ったのも理由の一つです。
スキルを高めれば高めるほど収入も上がり、自由度の高い働き方ができる魅力もありました。

(逆に何かしらのスキルを身につけないと、変な会社にしか入れない…とも正直思いましたね)

 

私が通った訓練校は7ヶ月間あり、インフラから開発まで総じて勉強できるカリキュラムでした。

クラスのみんなもとても良い人たちで仲もよく、集中して勉強に励むことができました。

 

そして職種未経験でしたがエンジニアとして内定をもらい、今に至ります。

 

夢を叶えるために随分と回り道をしているように感じますが、未来を見据えて、一歩一歩成長することが大切だと思います。

身に付けたスキルや経験、知識がムダになることはきっとありません。

 

  • 私がこれまで経験してきたこと、身に付けた知識やスキルで誰かの役に立ちたい。
  • つらい思いをしている人がいるなら、何か助けになりたい。
  • もしかしたら私みたいに、行動が変わるきっかけになるかもしれない。
  • 未経験から転職しようとしている人を応援したい。

 

そんな想いで、未経験からエンジニアBlogを作りました。

未経験からでもエンジニアにはなれますし、どんな職種でもチャレンジは可能です!

 

かなり長くなってしまいましたが、本当に最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

こんな私ですが、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

エンジニア兼ライター
夏目優

Copyright© 未経験からエンジニアBLOG , 2021 All Rights Reserved.